埃とアンテナ

本日は、堺市にて埃の撤去と埃の撤去と埃の撤去をしておりました。
冬場の内部結露ではなく、葺き土が濡れてしまう原因を撃ち殺しておりました。
これを放っておきますと、粘土質が無い砂状化した葺き土や桟木と釘の劣化促進、及び微ずれ発生と共に毛細管雨漏りが完成致します。
勾配がさらに緩くなる所為です。


業務終了後はアンテナの棟接触による雨漏りを診断しておりました。
追い当て、地割、熨斗勾配は問題ありませんが、アンテナ足が無駄な水流を作り、
2,3段目の若干もしくはかなり多い葺き土をめがけた漏水、雨漏りとなります。
とりあえずは、アンテナ足の再工事をお勧めしそれでもダメなら葺き土の量が問題と御提案致しました。
写真のコーキングはどなた様かが戦った後で御座います。

雨漏り修理は結果が全てです。
(^^;)

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。殆ど何も情報が無い時代から、皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ様々な雨漏りを【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

このHPではビル・工場・一般家屋を含めました雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【全ては神様と皆様のおかげです】since 1999.10.3

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。