センター

ダイヤモンドは多面カットが美しいと思う方も居れば原石のままが美しいと思う方もおられて
わたしは右効きだけど左の方が握力が強い
民主主義と社会主義もそれぞれに良いと思う方が分かれている

感情は命に直結していますから人の心は元来偏り易いです。偏った心を引き戻そうと働くのが魂で魂は何時も胸の中心からズレない様に創られています。ほんとに胸が痛むから不思議です。

不思議な胸の痛みや魂は自分で作った訳じゃないので創られているとしか言いようが無い訳でありますが、世界は広いので自分の魂を自分で創ったという方がおられてもいいと思います。と、私の魂はそう言ってる。

ですから魂の働きはおおらかさが働いている
センターみたいなもんです。

給食センターとか
卵焼きセンターとか
おかあちゃん帰ってくるまでここで留守番しようぜセンターとか

雨漏りなおしちゃうよセンターとか・・・

ね。😊

(@^^)/~~~ 胸の中心その内に在る魂。それがあなたで僕なんです。見えないけど。

見えているものは僕じゃない。貴方じゃない。まぁここはあえて言い切ろう(笑)
そうでありますから
偏った心に嫌われても好かれてもですね。魂にとってはおおきな問題では無いんです。自分の好き嫌いはセットで考えないと心はすぐ偏りを取ろうとするからですね。どっちも大きくね。あくまで必要以上におおきく長くですよ。問題視しない方が楽ちんです。

こちらは
魂のセンターじゃなくて魂のルフラン。
この詩の中にある(私)が誰なのかがおもいっきり大切だと思います。
終わりの時にはこの私が沢山出てくると僕が生まれる遥か昔から予め書かれているからですね。
何故予め書かれているのでしょうか?
愛です。僕を創った方の愛です。
二度同じ実を食べない様に伝えるけど強制しない神様の愛です。😊

(`・ω・´)ゞほんじゃ。雨漏り修理センターっぽく がんばってこよう。
今日も来て読んでくださいまして、ありがとうございました。

風邪とか、コロナとかに掛からない様に御体ご自愛くださいませ。😊

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【共に恵まれ共に喜びましょう】