共にして頂く

僕は親方ですので何人使ってますか?というご質問にはすぐに共にして頂く方が数人居ますと答えます。

そこに想い馳せば
言葉もそうだったね。ゴメンね。

今まで気付かないで
沢山、君を使ってしまったけど

今はお盆だから
今は、僕の想いを運ばなくていい
今は、僕の想いを伝えなくていいから

いっしょに居て、いっしょに休もう(^^;)

そうだ!この前、提灯の中が蒼く灯って
くるくる回るのを見たよ。
とても綺麗だったのでこれを一緒に見よう。

それから何か美味しいものを食べて
TVも一緒に見よう。

沢山休んだら
また一緒に届けに行こうよ。
また共に行こう。

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【共に恵まれ共に喜びましょう】