無人灯

本日も作業を終えて無事帰還。
吹けば飛ぶような零細のこの店にありましても
同じ飛ぶのなら弧を描き、三回転などして、華麗な着地を披露してみたく
決して悲観に走る物でも御座いません。

飛ばされた先に有る物はまるで無人灯の様で
文明をあざ笑うかの様な現状ではありますが
無人灯でのやり方などを模索する迄とはいえ、
ここでの感じ方はきっと御座います。

一つ今感じます事は
ここまで人の事が自分の事の様に感じた事はありませんでした。
だれかの惨事を耳にいたしましても・・。またか。またかと
ものの数分で記憶から消す我が身の垢がこの波で洗い流され

切に事態の収束を願うと共に
燈火無きなら集める灯火にて不安を和らげてみたい
そんな衝動も脈打つ次第でございます。

さながらそれは無人灯に降り立つ様なもので
ここにしか無い物を手に取る感覚が御座います。

裂けても恵みとは言い難く、これはやはり試練
とはいえ今回の試練に隠れた恵みとの癒着を切るにはと・・・。
どの様にと・・・。
考えあぐねての一考となります。

ここでの全き夜星に想い馳せますと

本日は我、笑われても笑って下さいと生業う方の旅立ちの日となりましたが
天にありましては、先に待つ方々から
無人灯であった場所も少しずつ賑わいながら
大丈夫、大丈夫と多くの励ましを頂いている事と
勝手ながら瞼を閉じる一日で御座いました。

世に在りましても
天に在りましても

居場所は必ず在ると握りしめる次第で御座います。

そうですね

見えぬ物との戦いなら
がんばれなくても、私は負けません。

取るに足らない値引きでしたら
がんばりますし、負けます。😊

本日もありがとう。あらゆるお勤めお疲れ様でした。💑

こちらは本日午後にお伺い致しました動画となります。

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。殆ど何も情報が無い時代から、皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ様々な雨漏りを【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

このHPではビル・工場・一般家屋を含めました雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【全ては神様と皆様のおかげです】since 1999.10.3