やりましたなぁ~。という言葉が好き。

僕は真理を愛するから
僕は正義を愛するから
僕は倫理を愛するから
僕は人を愛するから

いつもこれでいいのかな
いつもここでいいのかな
いつもこのままでいいのかな
いつもどうしようかな

悩んできた
葛藤してきた
喜んでは
沈んでまた浮いてきた

愛が無いのなら
強さも弱さも存在しないし
何もしなければそれでもいいし
誰もそんな事考えないし悩まないよね

楽しめなくても愛を持つ人が愛を持てない人が
お互いに楽しめる様にと頑張っております
それを視る喜びもある

めっちゃしんどい。ほんまにしんどい時もありますけど

感情に愛を使われてなるものかと・・
感情に愛を奪われてなるものかと・・

愛が感情を使うんだと頑張っています。
愛が感情を動かすんだと気張っています。

その両翼のバランスで人はデカい幼虫から次に行ける
デカい小さいを競う幼虫じゃなくて飛んで行ける
そこからしか視えない物がちゃんと約束されていて絶対にある。
そう信じて止みません。

愛を信じる人の助けに少しでもならないかな
何時もそんな事ばかり

過去の記事が知らない人にですけど届きまして態々メールを頂きました。
何時も見に来てくださる方。励みを私に贈ってくださる方
よければ共に喜んで下さいませ(^^;)

もっと、もっと広い視点から見た時
私だけの栄光なわけないから、んな訳ないからです。

共に喜んで頂ければ そこはとても広くてデカく簡単には誰も捕まらないからです。
更に砕かれれば見る事も適わぬ程捕まらない

2016年12月05日の記事「瓦屋根がズレなければならなかった理由」が腑に落ちたので、感謝のメールです。

現在、大工の祖父が建てた築70年越えの古民家をDIYで改装しているのですが、屋根瓦が一部ずれていたので、部分的に修繕を始めました。

土葺きの軒瓦のみが銅線で固定されているだけの工法で、今の主流工法とは違うことは分かりました。しかし、土葺きには、もっと重要な意図があったのではないかといろいろ調べたら、ようやく上記の記事で腑に落ちました!
ありがとうございました。

野地板を新調して土葺きでもとに戻すことにします。

やりましたなぁ~。という言葉も広くて好きであります。

(⋈◍>◡<◍)。✧♡ やってなくても、やりましたなぁ~って言いたい(笑)

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【共に恵まれ共に喜びましょう】