初出・先輩職人の失敗に学ぶ事(豊中市の雨漏り修理)

今年初めの工事に出動させていただきました。
こんな感じの雨漏りですが・・

棟幅に甘えるとやはりだめですね・・
とりあえず追い当て入れます。

しかし・・
右袖・・地走り・・追い当て良好・・落ちて・・桁9列5分総詰め・・土の量完璧
なのに、なんでここだけ?廻りを見回してみますと、同じ等級の釉薬だらけで、葺き手は同じ店・先輩と予想
18枚の地瓦の行方は?いずこえ?・・折り返して小袖まで追い当て良好・・ますます解らん

それでも、何とか解ろうとした結果・・
追い当て後回しでとりあえず地葺き優先、棟取る時に地瓦足らん事に気付くも最早出戻りも赤字だし、
行ってまえ!(乱暴な憶測ですが、こんなところかなあ・・)
今回もきっちり、そこじゃないボンド塗ってありましたが、一生懸命取らせて頂きました。
昔に想いを馳せつつ、先輩職人に敬意を払いつつ、先輩の失敗に学ばせてもらいながら
雨漏り修理をさせていただきました。

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【共に恵まれ共に喜びましょう】

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。