お墓参り

KIMG1502

本日は先代のお墓参りをさせて頂いておりました。
あれから既に10年が経ち、さすがに泣き虫の私も落ち付いたもので御座います。
(エッヘンと顎の角度も上向きで御座います。)

しかし、良く泣きました。一生分は多分泣いたかなぁ・・。
悲しんでいる自分に酔ってもいいぐらい泣き止むのを拒み続けて泣きました。
当然嫁は放置 私の性格を熟知しておられる。笑

墓前にて祈る事は
見守って下さいとか、安らかにとかでは無くて

今なにしてるの?
毎回こればかりで御座います。

昔みたいに、真夏の屋根捲りを共に戦って、業務終了後に生ビールをおごってもらいながら
頭に手を置いて欲しいみたいな欲求も御座いますが、、
あれ?またしても目と鼻から心の汗が・・

 

そんな事に甘んじていたら、前にも後ろにも進めないので
(屋根工事は現場の人間の采配に必ず戻す!!)とか、
訳の解りにくい事を呟き、深く深呼吸して、帰宅致しました。

先代は私が生ぬるくなったら結構枕元で不機嫌な顔で立ちます。
実に面倒臭い親父で御座います。笑

皆様本日もお疲れ様で御座いました。

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。殆ど何も情報が無い時代から、皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ様々な雨漏りを【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

このHPではビル・工場・一般家屋を含めました雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【全ては神様と皆様のおかげです】since 1999.10.3