まだ屋根に恋してる。

KIMG0180
先週の日曜日に診せて頂きました。
三州セラミックのS型
南側の発電量と費用対効果がどれだけ出るのか解りません。
立地と日照時間に応じた施設を望みます。
この屋根の勾配でしたら施設時に派生する不備以外はかわせます。

KIMG0181

尻の立ち上げに不安は残りますが
他業者のズレ止めでダメでしたら谷幅・陸棟尻の改変をお勧め致します。

KIMG0193

毛細管です。
ゆうが切れてる?
釉薬の防水性の事をおそらく言わんとしている他業者の文言でしょうが、この建材は釉薬では無く(炭素被膜・あく)と我々は読んでいます。
もちろん・・ゆうが切れていようが何だろうが水の浸透には全然関係ありません。

KIMG0197

水切りプチルよりキャップ上のプチルの方が危険です。
構造上奥で返し入れて無い可能性が高いからです。(経過年数と共に)

先週の日曜日はそんな感じで日が暮れていきました。
そして・・また・・ 歌っておりました。 (笑)スミマセン。

朝霜が招く 光を浴びず
初めての様に 凍てるとこ

手のひらに伝う 施主の溜息
待って来た時を 報わせる

何時か風が 散らした屋根も
季節めぐり 元に戻すよ

また屋根に恋してる いままでよりも深く
まだ屋根を好きでいれる 心から

若かっただけで 許された不備
残った傷には 水滲む

合端の意味に 戸惑うときも
ひとりで気持ちを つないでた

何時か雨に なくした夢も
埃ふけば 元にもどるよ

また屋根に恋してる いままでよりも深く
まだ屋根を好きでいれる 心から

また屋根に恋してる いままでよりも深く
まだ屋根を好きでいれる 心から

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【共に恵まれ共に喜びましょう】