水の力

本日はベランダドレン廻りからの雨漏り応急処置をさせて頂いておりました。
バーナーで水分を飛ばしつつの処置となります。

本工事は室外機が止まる季節になります。

飛ばしても・飛ばしても、湧き上がる水
これを無視して本工事掛けますと・・
気泡・水泡と共に凸凹の仕上がりとなってしまいます。

どれだけ手強いか動画に撮って参りました。

たまに見る凸凹防水はこの子が原因の一旦を担っております。
(平面・立面)問わず
目地クラック処理まではケレン・プライマーで
後に高圧洗浄(表層の凹凸によりするならば)が正解だと思います。

神輿や桧の天井に使用する材木・・
生木から捻じれ切ってからの細工
それも同じ樹木から加工の一本物
そこまでは不必要かも知れませんが、

待つというのも作業の一環であると思い知らされる現象で御座います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【共に恵まれ共に喜びましょう】