青緑屋根修理

CA3I0121
やっと、コーキング剥離と埃の撤去を終えまして、雨漏りしない屋根に戻す事ができました。先日話した清掃不足による瓦尻の裏凍ても写真に撮って残しております。
仕事中に地方の方から電話がありまして、チョコットコーキング工事と築二十五年と言う塩梅から、下地が痛んでいるから葺き替えやどうたらこうたら言う方は出来るだけ避けて、最善の提案をして頂く屋根屋に当たるまで根気良く当たって頂く様にお話しさせて頂きました。
現在は、こんなコーキング塗っているから葺き替え!がどうも流行っているみたいです。

特に!中古物件を御購入されて屋根の状態が全く解っていない施主さんがターゲットとなります。
屋根屋なら急所を貫いて修理できるはずです。(手がもげそうになるほどしんどい作業の連続になりますけど。)

それはそうと、本日の現場の感想を当店の副社長に御意見をお伺い致しました。

CA3I0679社長!やりましたなぁ!正に空の青を映し出す水面の様な青緑の屋根に今!!職人の心意気と息遣いが聞こえて来る、匠の技と心意気ここに極まれり!という感じですな!スバラシイ!!

workman12 (1)95%、ウソ臭いので却下

CA3I0679え~~~・・

workman12 (1)え~~じゃありませんもっとこう・・ウソ臭くない言い廻しがあるでしょう?

CA3I0679ん~では!!

CA3I0679もらしたら経年劣化と言えばいい、もしくわ保障の対象外

workman12 (1)それはインチキその物ですので却下!別に短歌風にしなくてもよろしい。

CA3I0679・・・・

CA3I0679それでは、温めていた言葉を出します!

workman12 (1)どうぞ

CA3I0679屋根屋殺すにゃ刃物はいらぬ、不渡り3っつもあればいい

workman12 (1)それは屋根屋だけの問題ではないので 却下、却下!

CA3I0679では!最後に!・・
茶の間から笑い漏れても雨漏れず、お届けします子犬の写真!!

CA3I0587

workman12 (1)副社長が営業妨害を始めましたので本日はここまででお終いで御座います。

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【共に恵まれ共に喜びましょう】