よ~し一著やったるか!

CA3I0850

本日も一生懸命・・
肉体労働をさせて頂いておりました。

夕方に屋根診断へ

当初コロニアルの板が飛んだというご報告でしたので、棟包み45鉄生だろうと想像し、副資材を用意してイザイザ!
築18年アスベスト含有の薄型化粧スレート(ニチハパミール)
7寸勾配で釘二点止め。止めた釘は毛細管関係なく結露で自滅。純正、非純正問わず全滅です。

いきなり板金カバーしか方法が無い屋根でありまして、本当に御気の毒で仕方がありませんでした。・・
夢のマイホームが・・・

取りあえず、ほぼ4階建てで、どの業者も登ってさえくれなかったらしく。
(そりゃ、職人が実際診断にくる店舗自体少ないので致し方無し。)

登るだけではなく、雨が入らない処置もして帰宅致しました。
CA3I0853

何でこうなったかは、全部説明できますが、
それを聞いた所で、茶の間の未来にはつながりません・・・。

只一言だけ、
下請け叩き捲っているハウスメーカーが作る家は買わない方が良いようです。

そんな事どうやって解るの?

一緒にコーヒーでものみながら・・
建築中の現場に行って直接職人に聞きましょう (笑)

下請けを叩き捲らない仕事はどうなるかと申しますと、
CA3I0838

頼んでもいないのに、勝手にベタ目地が丸目地になったりする門柱が出来たりします。(笑)
左右均等・垂直・水平で御座います。

ここだけの話ですが、リフォーム・営繕・改修・新築で一番大事なのは
実際現場に立つ職人衆や技術者が、よ~し一著やったるか!!という気概で臨む事こそが
最善の費用対効果を生み出す秘訣なので御座います。

目につくキャッチコピーや宣伝や能書きは全部おまけと考えてもよろしいかと・・。

よ~し一著やったるか!!
本当に大事で御座います。

足らずとも人間性に富み、人の憂いに我も憂い、利益より家庭円満をお届けする店舗、
どの様な職種であれ一生懸命探せば必ず各町で見出す事。
可能で御座います。

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【共に恵まれ共に喜びましょう】