天保10年4月(178年前の鬼瓦)

 

CA3I0676

178年も経てば平部にそれなりの損傷を受けたり埃堆積もきつかったり、(地域柄、爪が無いので残雪によるねっぱりが主。)もとより想定範囲内ということで竹スにベタ葺きの土量たっぷりで吸い上げを土に飲み込ませたりしていた屋根の雨漏りをピンポイントで直させて頂いておりました。地瓦には当然水返しがありませんので、経年の二次防水は葺き土の量という事になります。大阪南部の土量が異常に多いのは理由が御座います。新興の北部の土量が少ないのにも理由が御座います。
南部では、ついでに棟の合端口にもたっぷり水を干渉させてしまっているので、諸刃の剣であります。昨今の二次防水では178年もたぶん戦えません。また、なめした銅軒樋およそ厚み1.2mm。(耳無しでも腰入ります。)万十垂れからの水流およそ4000の落下水流にも物ともせず健在。多少緑青は持って行かれても今度は水膜が保護してくれます。溶接個所だけ熱膨張により剥離してしまいましたが費用対効果は語る必要も御座いません。

三つ組鬼瓦は現役ですが、隅は水分を吐けず凍てにより崩壊しておりました。
たまに焼き物は40年が寿命と小耳に挟みますが、私が現場で垣間見てきた現実とは少々開きが御座います。

なんにせよ・・雲と言うよりも・・

火に見える。燃える火に見える・・

怒っているように見える。(笑)

鬼の作風をみて都合よく解釈して本日も終了で御座います。 😛

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【共に恵まれ共に喜びましょう】