屋根とアンテナと私

workman12 (1)本日も元気いっぱい胸いっぱいで屋根修理工事をさせて頂いておりました!!
漆喰の修理工事で御座います。ありがとうございます。

1389692046Xhz5yF6t0RCs0mt1389692045[1]
少し、竣工時から出過ぎている面土漆喰と少し一次メンテナンスで出過ぎている漆喰を調性しておりました!なんだか地割もダメなんですが軒天に守られて雨の侵入はありません。そうでなければ要らないお金が掛かります。ちょこっと早引きさせて頂き、今度はアンテナの修理をさせていただきました!
1389692100OGqUzuwkjK67g571389692100[1]
風圧に準じ、アッパーカットを頂いていた軒先の万十も修理して、樋金具や唐草に頼らない様に御直しさせて頂きました!ありがとうございました。(このやり方ですと各90°・120°自在ですし、また電気屋か・・と屋根屋に溜息を吐かす事はありません。 😛 一本の引き抜き圧力は120KG位。モルタル仕上げの軒天ですので135使用であります。化粧の場合は115)

・・・・。

さて、私は沢山の良い屋根を見てきましたし、その逆も見てきました。常思う事なれどもし良い屋根が無かったら・・もし美しい考察に準じた仕事を見れなかったら・・。日常吐く息もありきたりで、見る景色も変わっていたと思います。もうこの年ですのでこれが利益重視なのか考察重視なのか技量重視なのかは見れば解るのです。すごく感謝している事は良い仕事を町並みに溶け込まして頂いてくれた先人職人さんがいてくれた事です。

私も、小さい屋根屋ながら現時点での最善を尽くし、後まだ見ぬ屋根屋になる子供達に恥じぬように残しておいておきたいと思っております。

なんだかそんな事にわくわくしながら・・

右の目で事象を捕え、左の目で考察し、両の腕で完遂する。日常を生かして頂いております。ありがたい事であります。・・

本当に感謝しております。 😳

 

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。殆ど何も情報が無い時代から、皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ様々な雨漏りを【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

このHPではビル・工場・一般家屋を含めました雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【全ては神様と皆様のおかげです】since 1999.10.3