そろそろ50年になる瓦屋根雨漏り修理

1386750595YcpNPuiVSLh2aCj1386750594[1]

workman12 (1)本日はそろそろ50年になる瓦屋根の雨漏り修理工事をさせて頂いておりました。ルーフィング(防水紙)無し、野地板に葺き土直置きでしたが通気も取れていて土型も崩れる事無く修理し易い屋根でした。防水紙が無いという事は、天井裏に埃がいや程溜まってしまいますが、結露による土の剥離やズレが発生し難く、夏は涼しく・冬は寒い・・まあメリットデメリットはあります。天井断熱を引いたら問題は解消されます。

今回の敵は、埃の堆積とそれに絡まれた亜鉛釘の全撤去と地瓦谷芯に塗ってあるシリコンの除去が主な内容であります。何時から埃の堆積に亜鉛釘が絡まれだしたのか判定は難しいのですが、次はこれらの現象に負けない細工を施して完了です。副資材はステンレス釘とステンレスパッキンビスと内部シリコンです。これで次に埃の堆積が来ても絶対負けない細工を施しております。想いの他亜鉛釘が多く抜くのに苦労しましたが・・け・計算通りで・・御座います・・・。

CA3I0679(笑)またやらかしましたね・・・

workman12 (1)男は黙って人情見積もり・直球勝負で御座います。女性のあなたには解らないでしょうが・・・

 

CA3I0679(笑)やらかしたんでしょ?

workman12 (1)少しだけ・・

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。殆ど何も情報が無い時代から、皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ様々な雨漏りを【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

このHPではビル・工場・一般家屋を含めました雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【全ては神様と皆様のおかげです】since 1999.10.3