セキスイが瓦事業から撤退

タイトル通りです。

今後の修理に少なからず支障は発生致します。(今後葺き替え工事を予定の方は一生懸命勉強してください。)私も一生勉強・考察は続けます。

塗装すれば持つという考察には現場を見てきた職人から言わさせてもらいますと疑問を感じます。特に瓦の重なり部分の亀裂や裂傷が進んでいる場合、問題は表層の塗膜では無く雨中に混じる埃や不純物の堆積により竣工当時の水捌けが低下し、瓦の裏側から水分を吸収し続けているという事です。特に2寸勾配前後で山間部北面の屋根などが躊躇です。この場合は塗装では全く改善は見込めませんので御注意ください。(劣化・剥離した塗膜がダムのような役割をなしさらに排水機能を低下させてしまいます。)次に外部雨漏り・更には内部雨漏りと続く危険性が高まります。私は当時から建材費用だけで日本瓦に葺き替える事が出来たこちらの建材は一棟も施工しておりません。現状上記症状でお悩みの施主さんには塗装は勧めずに我慢して我慢して葺き替える事を御願いしております。塗装さえしなければ見た目は不味いですが漏れる心配も減ります。メーカーと真逆の事を言っておりますが、真実は一つしかありません。どうか二重苦・三重苦になりません様に。

CA3I0524CA3I0269

CA3I0237

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。殆ど何も情報が無い時代から、皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ様々な雨漏りを【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

このHPではビル・工場・一般家屋を含めました雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【全ては神様と皆様のおかげです】since 1999.10.3