な~んだそんな事か

CA3I0170本日は、朝方プチゲリラ豪雨発生にて現場作業はできませんでした。

お待ち頂いております15年雨漏りが直らないお家にスタコラと参上致しました。

目地入れ・全塗装・庇増設・・あらゆる処置を施しましたが雨はまだ漏れます。

 

また目地入れと屋根の葺き替えを御提案され中に私が参上させて頂きました。

雨漏りはちょこちょこやれば直ると勘違いされている方もたまにおられますが、相当の場数を踏んで来た人だからちょこちょこで直るのです。(私で大体年間250軒位雨漏りの仕組みを見破っています。でもまだ足りない)漏れ続ける家にお住まいの方には意味が通ります。全部瓦割れならいいのに(笑)

 

CA3I0169

今回の犯人は←に写っております。

な~んだそんな事か~です。建具の事はなんだか良く解りませんが格子固定用の穴がそのまま十五年経過という事ですか?。肝心なのは逃げ道が無いという事です。

 

私も原因がイマイチ解らないまま、葺き替えや全塗装を勧めてみたい・・

でも、肝心の勇気が欠落しております。そんな事したら一睡も出来ません。 😆

ここで何時も当店副社長が歌っている短歌と理念を紹介しておきます。

 

雨漏りは

一つ一つを

直しましょう

先ずはお金が

掛かるとこから

(副社長)肉球

CA3I0252

 

 

 

 

 

 

 

だそうです。

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【共に恵まれ共に喜びましょう】