雨漏り修理(陸棟)

CA3I0588本日も雨漏り修理に奔走させて頂いておりました。

セミの声も力弱くなりつつあります。

今回の雨漏りの原因は野地の不陸の凹凸

凸部熨斗勾配の緩さ故に起因しております。凸部熨斗勾配を起点として凹部に繋げた場合に土量・面土の寸法、棟幅、追い当て何ら問題の無かった陸棟は漏れる事無く鎮座しているはずでしたが、凹部熨斗勾配を起点として葺き上げられておりますので凸部の熨斗垂れから廻り込まれ、今回は自然現象に打ち負けてしまいました。

これらの考察等踏まえ応急処置にて雨をかわしていた現場も、機嫌良く直っていきます。

前の職人さんは全力をだしております。手抜き工事とかウダウダ屋根が重いとかでは御座いません。(理由は上記考察後であったとしても後出しのマンション建設に起因するビル風・家屋風が発生しなければそのまま戦えた陸棟だからです。)

 

CA3I0582

それはそうと・・

 

当店の副社長と嫁さんが何やら企んでいる模様・・

 

動物がまた増える嫌な予感が 致します。。

 

 

 

 

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。殆ど何も情報が無い時代から、皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ様々な雨漏りを【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

このHPではビル・工場・一般家屋を含めました雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【全ては神様と皆様のおかげです】since 1999.10.3

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。