2020年12月12日

理念想いをたなびかせて

岸和田猫パンチ リーソクウェポン

皆様本日もありがとう御座います。何故かこのコーナーの来訪者の方が増えています。このコーナーを御紹介して下さった皆様へ。(ありがとうございます)

m(__)m

今日もタイトルの通りに理念や想いについて考えていました。そうですね。想い描くもの。手に握り締めて長らく。。自分でも開かない物

こういう外殻の内面は誰で持っておられます。心の表現をここでは外殻とさせていただきますのは、少しでも楽に歩んで欲しいですし、自分もそうで在りたいからで御座います。想いと理念でもその表現は微妙に差異がありますでしょ。どちらかといいますと理念は単数に近くて想いは複数に近い感覚を僕は憶えます。

ですからこの外殻を視ている。観る事が出来るのは内核でつまりは魂と呼ばせて頂いております。あくまで捉え方や視方ですから定義付けて強制する意図は糸だけに一本もありませんw。でも僕はこうして何事も捉え視ておりますから案外楽ちんで御座います。m(__)m

前置きはこれくらいにしまして、理念想いの形と位置についての考察ですが、私もそうですが、時折魂よりこれらが前に出ている時が御座います。理念や想いは魂が造ったものですがこれらが前に出ていますと弊害が生まれ易くなりますね。

近々の僕の失敗を例に挙げますと想いや理念が強すぎて漆喰工事の不備を嘆いた動画をUPしたことであります。どうしてもこれはやらないとだめだと思いましたが、傷を受ける方も居るのであります。でも理念や想いが前にでてしまったのでした。まぁね。もうしませんがこういった弊害を、じゃあそのままででいい。では自分が納得できませんから、そうなった事は良しとしまして、何故そうなったのかという事から、捉え方の前提の形を変えたいと願いタイトルの様な言葉を頂く事になりました。

具体的には猫や。また猫(笑)です。その他の動物って皆進行(信仰)方向に向かって毛が後ろ向きに生えているのです。これだと動くのに軽く、かといって無ければこまる無数の想いや理念と捉え視る事も適います。毛の方向のことですね。気の方向の事と変えてもよいのではないでしょうか。

この気を前から前に置かないで、前から後ろにたなびかせますと世界は見えやすくなりますしスルーも容易。前から前に生えますと理念や想いが在るが故に、視界も暗く苛立ちも沸きます事でしょう。

ポイントは前に在ってもいいのですけど前に流さないということでしょうか。旗なんかもそうで後ろにたなびいておりますしね。😊あなたの旗印と私の旗印。たなびく距離は物理的に絶対必要で御座います。m(__)m

毎度この様な思い付きを頂きまして、必要な方に届けばいいなと思って営ませて頂いております。今回の捉え方は自分自身の失敗もありましたから、強めに意識して生きて行こうと思いました。猫が4匹居ますので直ぐに意識できます(笑)。行先はもちろん神様の御元でございます(`・ω・´)ゞこれが目的であります。理念や想いが今の私の目的ではないのでございます。

鬼教官
そんな事はどうでもいい 鬼教官

(@^^)/~~~ それでは今日もありがとうございました。近々にドンキでナノシャワー?めっちゃ細かくて美容にベリ◎のやつを買おうと思っています。そこからまた何か思いつけばいいなと思っております😊。