2020年12月06日

古くても咲く(冬にしか咲かない花)

時代の流れがとても速いので、僕自身の発信も埋もれて行く情報の一つに過ぎないんだ。
そんな風に思っている自分が居まして、ホームページの形態をですね。これを弄っては、観て、観ては弄っておりました。(^^;)

なかなか自分が思うようには満たされないなぁ。
難しいなぁと
夢うつつの中で頂いた捉え方を書いておこうと思います。

僕の情報は古い?と自問しますと、やっぱり古いですよね。(笑)
でも、古いから悪いと想っちゃだめだなぁと気付かせて頂きました。夢の中でね。

手に取られる機会は多くないでしょう。忘れられる事もあるでしょう。それでも遺して来た。それが在る事は素晴らしいと思うのでした。人様であれ自分であれね(^^;)

冬にしか咲かない花

僕のホームページは丁度こんな感じのお菓子の棚のイメージを頂きます。限らずにそれぞれに思いを乗せればいいですよね。

ですから、もう絶対に物事は一面で視ちゃだめだと強く思います。が・・。それすら直ぐ緩めよう。

古いお菓子も新しいお菓子も在ります。古くても売れなくても  (悪くないのです) それだけが在るんじゃないよね。 私は実際にこちらのお菓子の棚にホッコリとニッコリとさせられて写したのです。でも買いません。(笑)

( ゚д゚)ハッ! これは!!わるくないなぁ~っと感じてました。
↑久々w

(@^^)/~~~今日も冬にしか咲かない花を書かせて頂きました。
ありがとう御座いました。m(__)m