2013年02月09日

群像

本日は、シートにて雨漏りの応急処置に従事させて頂いておりました。H24年の9月30日の台風にも打ち勝った工法で望ませて頂いております。暫くは雨音を聞く事はありません。

 

で・・

 

明日の屋根診断の前に、気合を入れなおす意味で替え歌を作ってみました。

気合は入れなおさないと常ブレが生じます。まあ生身背負っておりますから当然ですが・・ 😆

屋根を染めてゆく この和型静かに
火事に負けじと 波に頼り行く
屋根を染めてゆく このいらか静かに
施主を黙らせ 貴方をうならせる
手折れば散る  取り合い部での
棟に咲きたる 一輪の
草に似て 儚なきは職人の命か
せめて屋根に散れ 想いが届かば
せめて屋根に咲け 心の冬薔薇

老いぬ考察で 想いを巡らせ
漏れに向いて 一人立たずめば
我より先にする 施工は許せど
残りて後始末 する身のつらさよ
土を背おい 担いだ日の
おもいで背中に 消えかけて
泣けと如く群像の 軽いだけ屋根
屋根に腹這いて 面戸の裏を見る
待っていておくれ もうすぐ直るよ

屋根を染めてゆく この和型静かに
野路を守りて  茶の間守らせる
屋根を染めてゆく このいらか静かに
誤解黙らせて  茶の間を眠らせる