2013年01月19日

銅板は正直

本日は、銅谷樋の交換工事に従事させて頂いておりました。

雨量、空気中の不純物摩耗など、現場からは幾多のヒントが満載で御座います。

何時もの様に暴れるちっこい谷瓦をふんじばりまして、

裏走りなど一切無い人間の考察の方が上の谷樋に戻りました。

さほど強い意味もなく・・・・絶対自然現象ごときで負けてなるものかと

施主さんの利益と、自分自身の意地が絡み合いつつ・・・

本日も終了で御座います。

屋根屋以外が触って無い屋根でしたので、今回は楽させて頂いております。本当に 😆 ・・