2013年01月10日

岸和田の空

本日は、岸和田市にて屋根漆喰工事をさせて頂いておりました。隣接物が無い現場ですので風との戦いとなった一日でした。何時もの様に下地調整からスタート。

仕上がれば普通の屋根に戻ります。重ね塗って強度が増します診断もあります。判断は御施主様にまかせます。 :oops:因みに今回の現場はもう重ね塗る塗りしろがありませんので重ね塗るなら熨斗の垂れに塗る事になります。水が廻り捲りますが重ね塗ったら強度が増すかもしれません。

たまに目にします。

同時進行のサラシの葺き替え(担当は一番信頼する板金職人さん)あの頃は、お互いにすごく若かった。(私の場合は若いと言うよりただの小僧

漏れた原因は、3分3分で掛けた縦ハゼの箇所、同時に地瓦谷芯直下平側。勾配はこの場合ドン無視してくる模様。軒瓦直下穴開きは修理済みでした。

因みに1寸と8分で掛けて浮かせば、毛細管も吸い上げもはじき返せる模様。2分の差で水切れが格段に良くなる。ああ今日はいい勉強出来た。

ハゼは踏まないのが基本です。