2012年12月20日

時の流れるままに

知らず知らず 歩いてきた 細く長い 屋根事業

振り返れば 遥か遠く 過去屋根が見える

でこぼこ野路や 曲がりくねった棟 

師匠さえない それもまた人生

ああ 川の流れのように ゆるやかに 地葺きを 織りなしていたい

ああ 時の流れるままに とめどなく 空が黄昏にそまるまで


生きることは 生かされること  何時か終わるこの道

愛する嫁 そばに連れて 愛 謳いながら

雨に打たれて 直し切った屋根なら いつでも 雨 漏れる日はないから

ああ 川の流れのように 

おだやかに  御施主に 信じてほしい

ああ 川の流れのように 移り行く 時代 雪どけを待ちながら
ああ 川の流れのように おだやかに  診断 まかせてほしい

ああ 川の流れのように いつまでも 施主のいたみを 聞きながら