2012年11月24日

兵庫県・西宮市の瓦屋根雨漏り修理診断

御閲覧感謝致します。

兵庫県・西宮市にて雨漏り修理の診断をさせて頂きました。
H8年に葺き直し工事をされた屋根ですが、今回の漏水の原因・雨漏りの原因は、追い当ては正常、また17日の雨の日が初の漏水・雨漏りという事ですので、(17日の雨は強風を伴なっておりません。)先ず疑うべき箇所は何時もの様に、熨斗瓦二段目より出過ぎた漆喰の塗布と小袖際の1寸強縮めた3列の納まりとなります。
縮めた箇所の水流は正常ではありますが、ハンマーで縮めておりますので、棟直下の差し込み際に欠損があるかもしれないという事と、やはり水流を無視した漆喰の塗布は、雨漏りや、凍ての原因を作り出してしまいます。
今回は、棟の応急処置と共に、水の落ち口に塗ったコーキングの撤去をふまえた積み直し、の御提案となります。
地瓦山部に塗ったコーキングは雨漏りの原因とは全く関係御座いません。

此の度は当店を信頼、また御依頼頂きまして誠にありがとうございます。
m(__)m