2012年11月19日

息抜きが下手かもしれない

本日も、谷鋼板の入れ替えをしておりました。

立ち上げが零だったり、軒下といえ谷自体に釘打ち込んだり、ツラツラに漆喰塗っていたりした屋根でした。ステンレス鋼板をへこへこ折って、谷芯をやんわり曲げて装着して、尻の立ち上げは唐草の垂れのほうを削ったりしておりました。

 

 

その後

 

 

2寸勾配のトタン屋根じゃ毎度塗装が必要と言われ、セキスイ瓦Uに張り替えてそれ自体20年で霜の停滞時間でダメになってしまった山間部北側の屋根診断と、

どうあがいても?地瓦谷芯を絶対かすめる棟の漏水処理の診断、とりあえず捨て谷は必須と御提案しておりました。

ふと思いますと、移動中の車内でも余計なお世話屋根診断している事に気づきました。上手に息抜き出来ない様になっております。なぜだ!!? 😆