2012年09月28日

大阪府淀川区で瓦屋根雨漏り修理診断(合成樹脂塗料とシリコン)

御閲覧感謝致します。

本日は、大阪府淀川区にて瓦屋根雨漏り修理診断をさせて頂いておりました。
56判切落ち燻瓦、下地杉板トントン、爪、雨返し共無し屋根勾配は3寸5分、初期段階の雨漏り原因は棟際追い当ての不良による棟直下漏水と軒廻りの漏水は雨量が上がる部位、埃堆積による毛細管でしたが・・・一歩遅く、シリコンコーキングべた塗りと、焼け具合から合成樹脂塗料の塗布という全く無駄なメンテナンスと相成ります。
これらを葺き替えずに雨漏りを止める事は可能ではありますがそれも現在目視、体感できる雨漏り箇所となります。
染みにならない漏水箇所は、無数に存在しており私としましては葺き替えが一番費用対効果が高いとおもわれますが、後は御施主様の判断となります。

本日は当店に瓦屋根雨漏り修理診断御依頼まことにありがとうございました!!