2012年06月19日

大阪東住吉区にての瓦屋根修理メンテナンス診断

本日は東住吉区駒川町にて瓦屋根修理メンテナンス診断をさせて頂きました。
写真の棟際の瓦のズレですが、勾配が4寸の屋根で、尚且つ瓦に裏爪無し。
また、軒鼻の唐草を結ぶ銅線が20番という事で、経年によります小さな地震、風、自動車によります微振動などを経て発生した物です。

このずれがもっと軒近くで見られた場合雨量の関係上雨漏り致しますが
現状は、葺き土の多さと屋根の下葺き材に助けられる格好となっております。

さて、肝心のメンテナンスですがこのズレを修正補強することはもとより、
瓦棒屋根部の塗装と、アスファルトにて塗装された玄関上のパラペット鋼板カバー(損傷が激しいので)
また棟漆喰の再施工、最後に鋼板笠木と屋根の接合部の再施工にて何の問題もない屋根に戻す事が可能です。

本日はお忙し中、屋根メンテナンス診断に御同行頂き誠にありがとうございました!