2020年11月19日

共に働く賛辞

今日も皆で屋根修理に赴きました。
御信頼を置いてお待ち下さる方々には深いところにて静かにしております。

昼食時の店舗にて3玉のザルうどんを食しました。
席に付き暫くしましたら

御夫婦の信仰者の方でしょうか
食前の祈りを捧げておられました。

その場に私が居る事はふさわしくありませんから
即座に目線を外します。

唯、感じる事あるならば
作った物と創らた物の差異は埋まる事は今生に在っては
ないのだろうという事
唯にあり、個人的な練達でも御座いました。

御夫婦の祈りは
創られた物であります
これが共に働く賛辞に成る事は前提であります
創られた物はすべからず、無理なくといいますか負荷がかかる場所無く
美しさを自然に纏っておるので御座います。

造り物は作り物は自然と手に持ちたい物でもありますよね。
決してそれの賛否ではありませんよ。在り方・視え方の事であります。完全に手にするなと言わばまた律法、その私の手は間違った使い方をしているのです。しかしながら恵みの内にあり、私の5体は手だけではない自覚を頂いております。

飾り目は
何処にも向いていませんので、全てに向いており
それはむしろ全ての主にお返ししてこそ
神にお返ししてこそ呼応する姿勢の美の事であります。

よく聞きますことですが
私には誇る事も無く如何ともしがたい。
いやいや、友よ
貴方は全てを持たれている
全てを預けられているからこそ
誇る必要などあらぬ程の裕福者ではありませんかと

年端もいかぬ折
兄弟の多さ故に
家事でアカギレを手に起こしていた貴方に伝えたいのでありました。
極寒の二層式は手前もそのつらさを少なからずで御座います。
とても貴方には到りませんが。(^^;)

(@^^)/~~~ 今日もお疲れ様で御座いました。お互いあったかくして。お休みなさい
※あったかくしてねると皮膚表面のアルカリが体中の酸を中和して疲労回復します。入浴と同じです。逆だったかな?それではまたね。

(⋈◍>◡<◍)。✧♡