2020年09月30日

閉塞感に立ち向かう

何としてでも目の前の人を助ける。
これは結構大変で、
この意識で生きた事がある人はその大変さを御理解して頂けると思います。
何故なら
その人を助けると共に、
その人が助けたい物や人をも
目の前に居ないそれらをも視なければならないからです。

しかし、現実にはそこには存在していない
存在していない方を助けようとするのが
聖書で言う所の
(貴方自身の様に隣人を愛せよ)という事であります。
私と同じように
隣人は単数で出来てはいないのであります。m(__)m

これを用いて経済的な意識で動くのなら
線を繋いで目の前の人を助けなければ
自分は元より、
自分の大切にしている存在すら助られなくなるという事ですよね。
歯こぼれを起こしている。子供らの未来。
また、歯こぼれて。。ゆっくり過去を食される御老輩の今を

これは
霊的な助けも経済的な助けも働きは同じです。
自分だけに栄光を返したら
その光に預かれる人の人数が限定されるという事なんです。
光は集まらなけばならない
聖書的な捉え方では、私が受けた光は
本来無数の兆しの集合体であるという事なんです。
御国が来ます様にと祈るのも
自分だけの国であるはずないのです。
御国でなければ祈りが届くはずもありません。

この折に、あなたは
ただでもらったのだから、あなたもただであたえなさいと
聖書はいいます。また僕の魂はそう信じています。
誰の物でもないからです。

その様な訳で、今回は閉塞感を図にしてみました

番号が振ってあるのが人間の意識の部分です。
事象の違いは無数にありますけど、オレンジは器等、差異を司る概念で、赤丸は心の稼働領域を意味していまして、この伸縮の動きを司取っているのは恐らくは数です。私を拝むならで始まるサタンの誘惑とこの国で働く1%の福音からそう感じております。

実際の作用としまして
①に意識のある人は赤丸が大きくなればなるほど解放感を得られますが②に在る方の閉塞感は赤丸故に見えにくくなっています。

また、

②にある人は赤丸が萎んで行くと解放感を得られますが①に在る方の閉塞感は赤丸故に見えにくくなっています。

ココに居ての共存共栄は先ずは不可能だと知る事にもなります。

例えば人に褒められても閉塞感を覚える人と、解放感を覚える人とそれぞれに在る意識の場所によって感じ方が違うのですね。

違うから解った? まさかこんなことを言いたいのではありません。

そうではなくて

だから、先ずに
誠に自由意志を愛そうとするなら、人に嫌われても、自分以外を好きになられても傷つかないで欲しいなと思うのです。視えない物を視える様にできたら傷が付きにくいとも思いますし。無駄傷は付かないほうがいいですしね。😊それよりなにより自由意志が何時も人間の傍に居てくれるじゃないですか?💦。それはとても、とっても、とっても、当たり前じゃないんですと。言いたいのです。私や貴方の所に届けられたそれは、もうとてつもない時間護られて来た物です。とてつもない贈り物なんです。m(__)m

けれど私がこれが視えたのは③の場所に意識が導かれたから。これは間違いありません。元々私は①と②の住民で③の場所をずっと何十年も探し求めていたにすぎないからです。

信仰と約束、魂が織りなす信じるだけの世界の住人ではなかったからであります。たとえば、今は、①に在る方の意見と②に在る方の意見は静観しておこうと決めました。いい意味で諦めています。多くのキリスト者の先輩を視てきましたけど③の場所、すなわち、福音を伝える事以外は全て御父にお委ねしている姿がはっきりと視てとれるからであります。

彼らは伝えるだけです。伝わるかどうかは問題としていないのですね。一見冷たく感じますが一周も二周も廻ってますから鬼の様に暖かいのです😊。よくよく視たらこれに触れれます。

その様な訳でして
もしみなさんが何かに息苦しさを感じているとしましたら、ひょっとしたら今日書いた図や文章がお役に立てるかもしれませんし、立てないかもしれませんし、元も子もあったもんじゃありませんが、閉塞感を感じるかもしれませんwww。

それから、同時にその様な動画も撮らせて頂きました。何時もチャンネルを登録してくださってありがとう御座います。私はやらない時はまったくやりませんので、あまりそこは求めてないのですが、やっぱりちゃんと、ありがとうは伝えておきたいと思います。ポチっとして下さった指先から幸せがポチポチと入り込みます様に。m(__)m

③の場所に多くの方が導かれたらもっと、もっと、嬉しい。嬉しいでーす😊。