2020年08月23日

砥峰高原に行く

本日は、家族で皆同じ行動をしました😊。
長女は学校の実習で保育園児に教える事を教えて頂いているそうで、次女は相変わらずマイペースで御自分の歩みを堪能されておられます。そんな我々は砥峰高原に行く事になりました。久し振りやね。うん。

今回は柴犬のこまめちゃんも一緒に行く事になりました。

こまめちゃん

こちらのこまめちゃん。当初我が家に来た時はマメ芝ブームだったと思うんですが、そのブームにのってマメ芝としての期待を背負ってこまめちゃんという名前になりました。が・・・。

全くマメ芝にならないで、普通より少し大きい柴犬に育ちました。ですから、家族の皆様には(マメ秋田犬)として認識して頂いてこまめちゃんの尊厳は維持していく方向に持っていきました。。。あたくしが!むりやりに!です。よく言われる事ですが、やっぱり捉え方が大事ですよね。捉え方が一杯あったら決めつけが生まれ難いです。同じ悩むのでしたら善き選択を見出す方向で悩みたいものです。ですから、こまめちゃんは、マメ秋田犬に決めつけました!!なんかおかしな文章😊。

砥峰ダム

こちらは砥峰ダムです。たぶんです。めっちゃでかくて圧巻でしたよ。これだけでどれだけの電力を創るのでしょうか?全然調べてませんが電力でええのかな?人工物とは言っても、人を支える電力を大量に生み出すのなら、自然はこのダムがここに在る事を赦していると思います。そう思う。今の救急医療等は電力必須やしなぁ。とかね。。考えておりました。たとえ嫌われてもそれよりも大きな事ってよくよく見つめたら結構在ってくれますよね。ありがたい事でございます😊。

砥峰高原

砥峰高原はこんな感じの高原で、とても穏やかで涼しい場所でありました。風は強くなく、日差しも控えめだからでしょうか。この雰囲気を人でたとえるならば、目は合うけどそっと放してくれるような人ですね。何を着ているとか何をして来たとかジロジロ見ない感じの人です。あきらかに私ではないです(笑)

ひろこさん

ひろこさんの指にトンボが止まってくれました。この方と共に27年歩んで来て今想う事は、ひろこさんで居て欲しくなったという事です。夫婦の関係はもういいよ。という感覚ですが、離婚する訳じゃありません。ただね、嫁だから、家内だから、母だから、こういう前提は一気に崩れないけれども、少しずつ崩していきたいと思うのです。ほんとうに貴方には感謝しかありません。。。というのは嘘です。他にもあるにきまってるやろ(笑)。いや、こう言わないと彼女は直ぐに居心地が悪くなる方だからです。といいますか私の人間性の変遷を一番視て来てくれた人ですから・・。これでいい😊。

トンボが止まってくれた

私にもトンボが止まってくれました。ちょっと嬉しかった。めっちゃ力入れてた。

お好み焼き食べました

そうして、こまめちゃんは一足先に自宅に戻って頂いて、夕飯は外食でお好み焼きを食べました。みんな上機嫌です。ここで長女と何時ものといいますか、毎度の論戦が始まりました。論戦といってもニュアンスが違ってスパーリングですね。言わばスパーリングだけでええやんというスパーリングです。こんなん意味つうじるのでしょうか。けどこれがね。。。楽しいのです。ダウン無しですから😊。

本日の最後は長女の運転で帰宅しました。実は彼女は免許を取り立てですので今日が初めて彼女の運転に身を任せる日となったのでした。

(@^^)/~~~本日もありがとう御座いました。