2020年07月04日

そう予め。

もうすぐ、夏休みですね。
今年は、どうなんだろ、例年より休みが多かったから

その、

迫りくる!! 夏休み!! 奴が来る!!

という様な感じは運ばれてくるのでしょうか。

私が子供の頃はね。

この時だけ、全体が迫って来てるのに時間は止まってくれる様
日差しが全力で打って来るけど寸止めしてくれる様
各々の喜びがひしめいて零れてから急速を増す様

こういうのね。
とても喜んでいましたのです。😊

しくだい は 自分の好きな工作はしました
ほかは適当でした

それで、
もうすっかり少年では無くなってしまったんですけど

時間を止めたいなぁ みたいなね
オジンガーzにも乗ったし
あ、でももう降りたかも。

( ゚д゚)/オジンガーz動かなくなったん。

そんでも
これだけはどうしようもなくて
止まらないんだこれがwww

ですからね。悲観せずに

時間が止まらない理由を探します。

やっぱり先にはもっともっと
素晴らしい世界が用意されていると思うのです。

夏休み前の一幕という感じを予め頂くという事は

そう予め。

ちゃんとした意味があるはず。

唯の過去な訳ない!と、ちょい強めに思うのです。

夏休み前に限らず何だってそうで。
贈り物には意味があると思います。

そんな感じで

今日はほんの少し人を視ないでね
互いの間にある事象を先に視てる自分を嬉しく感じてました。

今日予め喜べた事は
先にはもっと、もっと、
喜べる為の伏線でもあるはずなんです。

それでこんな択一肢しがちの事柄

人は変えれません
人は変えれます

お互いにどう働きかけているかで
その模様はまるで違うから
主流はあってもね。それを造ったのは
副流でもあるわけです。

交じり合う流れ
そんな流れを大切にしたいと思うのでした。
その先に触れておきたい
せめて五感のどれか一つでも😊。

それじゃ。お休みなさい。
寝冷えなどしませんように。