2020年04月17日

何時も一年生

私の兄姉は見上げる程高くて
緑葉の間からの木漏れ日が眩しい

私の妹弟はまだ初々しくて
緑葉が照り返す日が眩しい

羨む事をしないのも
蔑む事をしないのも

父なる神様の眼には全て愛おしく映っておられるからです
神様の愛こそが完全で
その愛おしさに触れる時
魂が安らぎ、心が穏やかになります。

どんな人でも
どんな過去があっても
どんな未来があっても

父なる神様は愛する事は止めません。

特別な事が出来ても
特別な事ができなくても
人の評価で安らぎ満ちる事は飽く事を知らせてくれません
世の成功とは違う内面の乾きが存在しています

誰よりも何よりも
愛する方の場所に留まって
安らぎと穏やかを持ち贈り届ける事が出来たらいいですね

私は何時も一年生で在りたいですし
神様が望むのでしたら1000年生でもいいと
神様が望まれる形である事以上に皆が完全で在る事は無いのです