2020年04月04日

春風吹く嬉しい日

本日はとても嬉しい日でありました。
なんと、重病から回復された友と共に仕事を一緒に出来たのです!!
ですから、現場で無駄にはしゃいでしまいました!!
この様な感じで↓ 😊

どれだけ待ち焦がれた事でしょうか!!もう感無量です。
もう、ぶっちゃけますと、無理だと思っていました。
切に祈り、切に流し
それでも命の問題だけは人がどうする事も出来ないからです

しかしながら
ひと時かもしれませんけど、死を打ち破る勇気と恵を頂いたのです。
ほんまに、ほんまに、ありがとうです!!

その様な訳で
私の戦いは何時も、どんな時も、何が何でも
死との戦いの渦中であります。
それをまき散らした存在との戦いでもあります。

負けるからといって、諦めませんし
運命だからといって、認めません。

何故人は死ななければならないのか?
何故人は殺されなければならないのか?

この答えを頂いたのは世にありましては聖書だけです。
みなさんが余り興味の無い僅か1%の福音であります。

そうであっても、私は十字架を信じる信仰者である事に感謝していて
けっして、向けられる視線よりも、頂いた恵の方が多いとお伝えしたいと思っているのです。

もし、命の復活がなければ、復活前の様に、当時の弟子の方、12人全員が虐待ではなくて、逃げればどうにでもなる迫害に態々自ら行かなくていいじゃないですか、希望を伝えに態々全員が死にに行かなくていいじゃないですか。誰か一人でも逃げてもおかしくないじゃないですか(復活とは自分が殺されても死なないという確信を頂いた恵みその物であります。)

そうしますと
自分自身が
嫌われてもいいじゃないですか
自分自身が
好かれてもいいじゃないですか

でも、私を好きになってくれた意志や命が続いてくれなければなりません。
でも、私を嫌いになってくれた意志や命が続いてくれなければなりません。
でも、聖書なんかどうでもいいと思ってくれた意志や命が続いてくれなくてはなりません。

これが私の命題であり、理念であり、賛美でもあります。

せっかく生まれたのに
皆がずっと続いてくれないと悔しいじゃないですか
(私にじゃなくて、それぞれで)
愛されて死を待つ人はそれでいいけど
誰にも愛されずに瞼を閉じる人が居るのは悔しいじゃないですか

人の価値観で生み出る
好きとか嫌いとかは後でどうにでもなるじゃないですか

ですから死を打ち破った方を信じ続けますし、感情より存在を愛する人がもっと増えれば嬉しいと思っているだけです。

正直申し上げますと
他の事は・・。
まぁ・・。位です。ゴメンナサイ!!

それでも
そこに未来を貫く命と存在を運べる意志があるのなら
素晴らしいと思っていますし、
きっと私なんかよりももっと麗しい、神様の応援があると信じています。😊

そういうわけですので
今夜は友の快気祝いで焼き肉です!!😊