2012年01月22日

大阪市淀川区(トタン屋根・笠木 オーバーフロー雨漏り)

御閲覧感謝致します。
本日2軒目となります雨漏り修理診断を大阪府淀川区にてさせて頂きました。

先ずはこちらの写真

鋼板笠木のコーキング劣化からくる雨漏りです。普通笠木は壁際に施工されておりますので雨が漏っている施工でも普段は目につくことは御座いませんが今回の御施主様は屋根中央に笠木が設置されておりますので漏りだせば一目瞭然の結果と相成ります。
こちらは笠木頭に釘を使うことなく、処理致しますので御安心下さい。

またこちらの写真

上記写真赤線部位の熨斗瓦の水平化が躊躇で御座います。
今回は、陸谷新調が最優先とはなりますが、こちらも無視する事は出来ません。
目視出来ないだけで、外部雨漏りは進行しております故。

最後にこちらの写真

御施主様おっしゃる通りに雨の流れを遮ることによるオーバーフロー雨漏りが躊躇でした。
もともとカラー鋼板の穴あきからの雨漏りでしたので、この陸谷を新調致しますと、雨漏りはとまりますが・・・
御説明させて頂きました通りこの陸谷直上の地瓦の調整が必要不可欠となりますので御理解下さいませ。

本日は、雨漏り修理診断と当店をご信頼頂き、さっそくの雨漏り修理の御依頼 誠に有難うございました!