2012年01月08日

初出・先輩職人の失敗に学ぶ事(豊中市の雨漏り修理)

今年初めの工事に出動させていただきました。
こんな感じの雨漏りですが・・

棟幅に甘えるとやはりだめですね・・
とりあえず追い当て入れます。

しかし・・
右袖・・地走り・・追い当て良好・・落ちて・・桁9列5分総詰め・・土の量完璧
なのに、なんでここだけ?廻りを見回してみますと、同じ等級の釉薬だらけで、葺き手は同じ店・先輩と予想
18枚の地瓦の行方は?いずこえ?・・折り返して小袖まで追い当て良好・・ますます解らん

それでも、何とか解ろうとした結果・・
追い当て後回しでとりあえず地葺き優先、棟取る時に地瓦足らん事に気付くも最早出戻りも赤字だし、
行ってまえ!(乱暴な憶測ですが、こんなところかなあ・・)
今回もきっちり、そこじゃないボンド塗ってありましたが、一生懸命取らせて頂きました。
昔に想いを馳せつつ、先輩職人に敬意を払いつつ、先輩の失敗に学ばせてもらいながら
雨漏り修理をさせていただきました。