2018年09月01日

海は広いな 大きいな しょっぱいな

悔しくて何かに頼った事もあり
覚めて朝日も煩わしく
目を開いたまま、涙を赦したことを連ね行き
枯れて今度は血も伝った事でしょう

とても広く傷み
傷みは遂に深部まで達した。

其処にこそ天地の恵みは渡り行き
生き物は増し、不純は底へと落ちて行く

冬の恵みは結晶と化し
朝日に媚びる事無く閃光を増し続ける事も出来る

幾ら飲んでも、幾ら無駄にしても
有り余る物が溜まると思うのです。

海は広いな 大きいな
そして、ちょっとだけ
しょっぱいな

縫えば直る事もあるでしょうし
忘却も助けて頂けるでしょう。
でも
埋まらないと癒えない物も御座います。

埋まります様にと願いを込めて参ります。