2018年06月27日

二個と二分の一

皆様こんばんわ。何時もお疲れの所、
この様な所へ・・ありがとう。笑

本日は、心と魂について書き残しておきたいと思います。

私は、心は陰も陽も生みますけど、魂は陽しか生まないと思ってます。
ソウルとかいうあれですね。

例えば、題材が心についての話であっても
魂が動いて心の話に感動してると思うわけです。

例えば、題材がお昼の昼食についてでもですね。
その方の半生が宿ってるお昼の昼食の話に魂が揺れる訳です。

例えば題材が行動力だとしてもですね。
初めに魂が動くから行動力が備わる訳です。

なのでちょっと言い方悪いかもしれませんけど
心の在り様にあまり時間を割かなくてもいいと思います。
心は貪欲で、何時も萎縮してそのくせ自分から何かする事が無い。
そして計算高くて利口な一面もあるからです。

あ~さんざん言ってるな。笑
でもこれ自己の分析ですので、気にしないで下さいね。

その様な事ですので

私は心で愛する事は出来ないと思っています。
私は魂で愛する事しか出来ないと思っています。

いや、そんな事あるかい!!という方は
どうぞこの様な文章を書く私を愛してみて下さい。

あ~無茶言ってます。笑


さて、
私は、身寄りがなくて、雨漏りがして
たどたどしく、お電話を頂いて、
照れながら、雨漏りだけ止めて欲しいんです。ゴメンね。

この様な御依頼をちょくちょく頂きますが、その様な時
私の全魂を動員する事に躊躇はありません。

全魂といっても一個しかないんですけどね。
でもね、これ二個になるかもしれないのです。

続けます。 

可能性のみの魂の動きと働き。これを大切にしたいです。
また大切にさせて頂きたいです。

そして、心が何してても、裁かない様にしたいです。
裁いてもしょうがないしね。心だしね。もうそういう物と目を細めます。

そんな簡単に魂が動くか!
ですよね。
みんなそうです。

でもね、
今まで一度でも魂が動いた事あるじゃないですか。
それは事象が何であれ凄い事じゃないですか。
それは魂が二個になった事ではないのでしょうか
一個より二個の方が照らされます。

逆に心は常に二分ではないのでしょうか?

分数に分数を駆けていっても分母がデカくて小さいだけじゃないですか
整数に整数を駆けていけばデカいじゃないですか。

何を駆けていくのか?
だから年齢は関係ないんです。
先の者が後になり、後の者が先になります。
営み全体の灯火の為にこうなります。
むしろそれはおおいに喜ぶべき事でもあります。

もう無理矢理感半端ないです。笑

心と魂。
役割は違うと私は思います。心は魂を認知する為の眼。
魂は体全体を灯す眼。
また、愛情と愛は違う。
愛は絶対に絶える事がありません。

がむしゃら一生懸命な方。私は大好き。
全力で祈ります。
その様な方々の身近にある営み全体が灯されています様に。
全体が灯されています様に。
神様は全体を灯そうと、懸命な方に良い物を惜しむ方ではありません。
m(__)m

とりあえず、前回に続きましてジャーン!と魔よけ張っときます。
効力についての苦情は受けつけません。笑