2018年06月11日

笑顔の覚悟

皆様こんにちは
何時もありがとう御座います。

今回は言葉のご紹介です。
今はもう、書籍を読んで無い私ですのでうる覚えですみません。
今の私には必要ないと思ってます。重ねてスミマセン。
決して読書家の方を否定するものでは御座いません。

この様な言葉があります。
愛してくれた人の為にその命を投げ出す人はいるでしょう。
しかし、自分を呪う人の為に命を投げ出す人は居ないでしょう。
それが出来る。これが神の愛です。

感じ取って頂けるならこの愛は無条件の愛という事です。

人がその友の為に、その命を捨てる。
これより大きな愛は人の世にありません。

感じ取って頂けるけるのならこの愛は人の限界の愛という事です。

人の愛と神の愛は同質であるにもかかわらず、大きさが違うと私は想っています。

そこで私は、せめて人の愛を成就させたくて、その昔頑張りました。
自分は死んでもいいから愛する人とその家族の未来を守ろうとしました。
まじで。笑
アホかもしれませんが、愛の為なら死んでもいいと本気で想っていました。
また、その様に実行致しました。
家内とまだ1歳と胎の中に居た子供達には本当に申し訳無かったです。
本当に自分勝手でした。
でも両立は無理だったんです。

これでも神様の愛には届きません。
それは解っています。
当たり前田のクラッカーで御座います。

この辺で多分気持ち悪がられるでしょうね。
まぁ・・ええです。笑

そうして生き残った今、先のブログで何故、活かされている実感が薄いのかを還り見る時、過去の決死に起因している事に気付きます。
まだ、大分決死を引き摺ってるんですね。
その過去に値打ちがあるとか無いとかでは無くて。
並べたら失礼かもしれませんが、先の大戦で生き残った方と同じ様な感覚かもしれません。

だから、人生を楽しむという感覚が中々身に付かないんです。
その分、誰かを助けたいという感覚は異常に持ってます。
バランスがおかしいのです・・・笑

だからといって、楽しんでいる方をもう否定は致しません。
それぞれの道があり、それぞれ、かけがえの無い人生。
代えようが無い人生である事は絶対だからです。
うん。これは絶対。

その様な歩みと導きの中で
少しずつですけど、今は楽しんだ方が良いと考えが変わってます。
その様に活かされてみたいとも想っています。
ちょっとルンルンです。
花の子ルンルンです。
折角、また頂いた時間ですからね。

なぜなら、
今度は楽しみながら決死したいと想っているからです。(笑)
やっぱり、私の本質と性格は変わらないんですけど、様相が変わってきています。

今度、自分にその様な試練が来た時は、めちゃくちゃ笑って行ったろうと思ってます。
今度、同じ決死するなら、笑いながら、楽しみながら行ったろうと思っています。

願わくば、以前の様に二律背反の試練だけは避けて欲しいと思いますが、何れにせよ笑顔の覚悟で御座います。

その様な訳で
心の死も体の死も連鎖したら同じですから
是非、もうあかんと思った時は、
一発かましてからでも遅くないっ!て想っていただけたらな~
なんて思います。
出来る事なら、是非!笑いながら、負の連鎖に一発かまして欲しいなぁ。
なんて思います。

そうしたら、正の連鎖が身近な人に、誰かに届きます。
自分と同じ苦しみを負ってる人に必ず届きます。
これは間違いないです。

だから、負の連鎖にだけは、
こいつにだけは、負けんといて下さい。
何も生まれないし。今持っている物まで奪われるからです。
これも間違い無いです。
それとあなたから奪う手段を使う負は正に化けるのがとても上手いです。
負の目的は奪う事じゃなくて、失意と落胆をずっと連鎖させる事です。
人は奪われたら取り返そうとします
そうして、そのままずっと人生が終わるまで眼を開けさせない様にする事で御座います。
何度か書きましたけど負は人称の事ではありません。

なので、私はここに在りましては愛以外の物を極力持たない様にしています。
愛だけは私から奪えないからです。
偶に持たされますが、すぐポイッで御座います。

そうして
この、おっさん笑っていきはったで 笑
今度は私の大切な家族に、自戒を込めこれを遺したいと思います。

\( ゚д゚ )/ やったるで~!!

(^^;)いや、まだやらんけど。

この動画で今私は、笑顔の練習をしてます。
ホント、助けられてます。ありがたい事で御座います。
DVDプレーヤーは持ってるのでDVD買っちゃいます。!

ここまで書いてなんですけど、今の私はクリスチャンではありません。
求道者ではなく信仰者ではありますが、呼び名を決めるのは私では無く神様です。
今の私は
信徒を得る活動ではなくて、何が正道とかどうでもよくて、粗探しもどうでもよくて

愛を全うしたい唯の人間でありたいからです。
愛をお伝えする方をただ選んでいるだけであります。

ですから、苦労したから、頑張ったから、
与えるという感覚じゃなくて、

僕も貰ったから
あげたい。
あなたにもチェルシ~あげたい。です。

チェルシ―あげたい・・。
た、たぶん通じるはず。(笑)

本日もお付き合い頂きまして、ありがとう御座いました。