2018年05月10日

デカく広い所

皆様こんにちは
本日は、先輩職人と現場廻り、現場調査に奔走しておりました。
私は、現場を離れてました。

道すがら、おしゃべりしながら、何時も感じる事は

私が描く時は、ノートになってくれてありがとう。
先輩が描く時は、ペンになってくれてありがとう。

お互いがペンの時は
お互いがノートの時は

羽子板で打ち合って、負けた方が顔に墨で髭を描かれる。
あなたが大きく笑んだので
私もおおいに笑みわらうのです。
いと、愛おしい日本の文化です。

信じる物は違っていても
何も足枷にならない。
この様な営みには、感謝しか御座いません。

どこに在ってもこの様に
どこに行こうとこの様に

デカく広い所なら、全てはその内に在るのでしょう。
きっとその内に在るのでしょう。