2011年12月26日

大阪府・城東区屋根雨漏り修理診断と応急処置(赤矢印部位の雨押えブリキの仕舞いからの雨漏り)

御閲覧感謝致します。
本日は、大阪府・城東区屋根雨漏り修理診断をさせて頂きました。
3階に増築後どこから雨漏りしているのか解らないと言う事でしたので、気合を入れて現地に赴きます。
11年前から少しずつ漏れ出した事を踏まえて、漏れ跡と雨量の考察後・・・・
主犯の雨漏りの原因はこちら


赤矢印部位の雨押えブリキの仕舞いからの雨漏りです。こちらの雨漏りが作り出す漏れ跡は非常に軽微なのが特徴です。
詳しい内容はこちら⇒https://www.amamore.net/roof-leak-repair/187/
またこちらの写真

コロニアルとモニエルの取り合い部、青矢印部位の捨てトタンも調整が必要です。
また雨押えブリキ直上のケラバブリキの仕舞い

こちらも旧式の工法ですので、今回の雨漏りを完全にお止めするにはメンテナンスが必要です。
最期にこちらの写真

ケラバ際にての水の流れを完全に塞いでしまっている化粧スレートの塗膜の撤去も必要です。
3F建てで尚且つ隣り合う風雨を防ぐ隣接建築物がありませんので、立地条件を踏まえた最善のメンテナンスを御提案させて頂きました。
本日は当店に診断御依頼また応急処置御依頼誠にありがとう御座いました!