2011年12月13日

和歌山県・和歌山市瓦屋根雨漏り修理診断(埃堆積が、生み出す毛細管雨漏り)

御閲覧感謝致します。

本日は、和歌山県・和歌山市瓦屋根雨漏り修理診断をさせて頂きました。

先ずはこちらの写真

縦桟横にコーキングを塗りこみまして瓦ズレを防止しておりますが、この瓦の雨漏りの肝は、経年によります埃堆積が、生み出す毛細管雨漏りが殆どで御座います。因みに屋根勾配は3寸5分です。

埃堆積の実際の写真はこちら

上記赤矢印部分が経年によります埃の堆積が生み出す毛細管の雨漏りの原因です。また青矢印の部分が、表面には表れない踏み割れによる雨漏りの原因です。施工中に耳も使わないといけない理由がここにも御座います。

またこちらの写真

地瓦釘穴のφ(口径)が広く腐食・錆を生み出しても瓦割れには、結びつかなかった写真です。現在は45mmの鉄生釘は使用致しませんが、瓦により、鉄錆を、物ともしない建材も存在致します。またこの鉄釘の錆は内部結露により冬場の1シーズンで錆びます。葺き土が加味された場合は2日で錆びます。

最後にこちらの写真

カラートタンの錆による腐食ですが、今回はカバー工法で十分間に合います。壁に施工されていますカラー波トタンは、建物の低さまた、隣接物の存在の故、今回壁雨漏りを引き起こしている原因では御座いません。

 

本日は当店に瓦屋根雨漏り修理診断また、

信頼・御依頼頂きましてまことにありがとうございました!