2018年03月20日

雑感で2000文字行ったったぜ(笑)

皆様こんにちは。屋根屋です。
今日は雨でその~、、雨ですね。
だから私のココロは泣いていません。
意味不明 笑。

さて
先日の事、少し娘とやり合いました!
私は、悪くないです。笑
私の方が優しくて強いからです。(笑笑)

そんできっちり娘は闇に落ちて行かれました。
ふてくされちゃって。。笑

冗談はさて置き
翌朝は何時も通りにニコニコしてらしたので
ここでちょっとだけイジリに行きます。

私:昨日、闇に落ちましたよね? 笑
娘:うるさいわい 笑

そんな感じで
私は闇が大嫌いなので落ちても必ずフォローしに行きます。
クドイと効力が出ないので少しだけこの様な感じでイジリます。
そうすると混じり合います。
静脈と動脈が交差しなければお互いしんどくなって
血栓でも出来た日にゃ~大変。
最悪その部分を切り落とさないと治らなくなってしまうからです。
これが伝わってますから、私もイジラれる時は大いにイジラれます。

ここで、やっと素直になれるんですね。
揉め事が起きた時、直ぐに直る場合と少し時間を置く場合とがあり
何か雨漏りと似てますけど、素直さは直ぐ出ないもんです。
そういうもんです。
居直るは誰でも直ぐ出来ます。
誰よりも自分が大事。それは解ります。

で、その後の
ごめんなさいは言葉ですけど強要はいけない。
出来たら同じ人間同士だから言わせたくない。
言わせたくないから、イジリ合う。これでいい。
これがお互いに笑いの中で、ごめんなさいの効力を得る方法の一つだと思っています。
あくまで一つね。
ごめんなさいを聞くだけならそりゃもう、あ~た、そんなんどうなん・・。
気持ち悪くて・・。血栓ちゃうの?です。
一歩外出ればそれで済まないケースが殆どだからせめて家の中だけでもね。

日常のいざこざから派生する闇落ちなんてこれでどうにかなりますけど
闇その物が落ちて来る場合はまた違います。

闇落ちは自分が落ちて行く事象ですが
闇その物が自分に落ちて来る時は違います。
似てる様ですけど違います。

闇その物が落ちて来て、自分ではもうどうしようも無い時があります。
その殆どが不可抗力。自業自得の皮すら被ってくれていません。
いや、そんなの降って来ないよ。何言ってんの?という人も勿論おられます。
それはそれでよろしいかと。

不可抗力の闇が降って来た時
そんな時、人は色々な物にその救いを見出そうとします。
例えば、宗教・思想・哲学です。
宗教だけが異質でカルト事件も在りましたのでこの国では忌み嫌う方が大多数。

宗教を忌み嫌いながらも闇が降って来る対処が出来ない時
新しい物。宗教臭の匂いのしない物に委ねようとします。
新しいだけで立派な宗教という物が無数に存在しています。
国内で4万組織を超えてると教えて頂きました。

で、何が言いたいのかと申しますと
私は何に委ねてもいいと本当に今は思っています。今はね。笑
どれでもいいんです。降って来る闇をはらいのけれたら何だっていい。

私も神様を信じている者ですけど、その神様を家族に強要はしてません。
自由に何を選択してもいい事を伝えています。
ただ、一つラインがありますからそれは守ってね。と伝えています。

先ず、階級制でない事
   神頼みのみしない事
   人に強要しない事
   神と人が対等である事
   崇拝しない事
   修行でどうにかなるとか言わない事

※階級制でない事
いや、説明は要りませんね。救いに階級もクソもありませんから

※神頼みのみしない事
神と人との交わりの中で闇ははらえるからです。
神様もこうして欲しいという意思はあるよ。
自分の都合ばかりの場合は努力でどうにでもなります。

※人に強要しない事
自分の救いの為に動いているからです。

※神と人が対等であること
当たり前ですけど主従関係を望むなら人間に選択の余地は与えません

※崇拝しない事
崇拝は自己放棄です。自己があって初めて交わりが生まれます。
自己放棄した信仰は他人にもその様に強いるからです。
明け渡しとは全く違います。解り難いですけどね。

※修行でどうにかなるとか言わない事
どうにもならない事の方が多すぎます。
信仰と修行はそもそも性質が違います。

さて、こうなって来ますと、
現代に認知されている神様じゃない様な気もしますけど私はそれでいいと思っています。
何故か?
不可抗力だからです。望んでもいないどうしようも無い事が降ってくるからです。
とてもくやしいですけど
これからもずっと私にも誰かにも降るからです。
生まれ落ちてどうしようもない事をどうにか出来るならとっくに出来ているからです。

だからね。
結論に至りますけど
どうしようもない事に対峙する為に
愛し合いなさいと私の神様は教えてくれました。
自分の様に他人を愛しなさいって。
あなたが神様を愛する様に他人を愛しなさいってね。
同じ様にです。

簡単には出来ないですけど意識して生きる事はできます。

そして、多種多様な人がいるから愛が生まれる事を私は解っています。
皆同じなら愛が生まれない事も私は解っています。
これが原理主義から逸脱した私の答えです。

いがみ合い、ぶつかり合うから愛が生まれて
譲り合いばかりではなく、解り合えるから愛が生まれるのです。

協調、共和、共感、調和は全て愛した結果です。
そしてこれらは自己主張の範囲に留まりませんのでとても広い。
自己主張の方が余りにも小さいので霞みます。
むしろ霞んでくれとさえ思う程です。

最後に
愛は結果ではなく過程の事です。
愛だけが降って来る闇を払う力を持っていると私は信じております。
信じ切っています。

雑感で2000文字行ったったぜ(笑)
雑ではないつもりですけど、これが今の私の誠意一杯。。

(^^;)