2018年03月18日

大阪市西区の雨漏り調査です。

大阪市西区にて雨漏り調査にお伺い致しました。
雨漏りしている箇所に蟻道が出来ております。
施主様も普段見ない壁面でしたのでビックリされておりました。
雨漏りに気付かない事ってままにありますよね。

こちらが今回の雨漏りの原因を作っているベランダです。
防水モルタルの表層の劣化に伴い漏水しておりましたが損傷が酷いもう一つの原因はベランダの角度に起因しています。
図で御説明しますと以下、

ベランダが受ける雨水の排水方向が母屋壁面に向かっている事が最も大きな損傷原因の一つとなります。
躯体強度を考えるとモルタルにて勾配を変える事は危険と考えまして
今回はこのベランダ自体をカバーして雨水が当たらない様にする御提案をさせて頂きました。

この度は私共に御信頼をお寄せ頂きまして
誠にありがとう御座いました!! 🙂