2018年03月01日

花見酒

銅板の穴開きからの雨漏りに従事しておりました。
雨水が集約する箇所はどうしても穴が開いてしまいます。

昼間は公園でお弁当を頂きます。
この木は何て言うのでしょうか。

それは置いといて

毎日の日常が緑化して
そこにちょっとだけ花が咲いて
そこから実のり
人だけではなく、虫とか鳥とかが潤う
虫も鳥もひたすらやんね
もうひたすら。

満を持してサクラも咲こうとしています。
夜桜の下で花見酒を楽しむ方々は
少し千鳥足で、ピンクの外灯の下で
何か、タヌキに化かされているみたいで
ちょっとだけ間抜けてみえるけど
私もその場に居たら
大いに間抜けてみたい

いやすでに間抜けて踊っているかも。

(^^;)