2018年02月11日

雨漏り調査(堺市西区にお伺い致しました)2018年2月11日

本日の日曜日は午前中だけ、堺市西区の雨漏り調査にお伺いしておりました。
施主様によってはどうしても日曜日でないと時間が取れない方もいらっしゃいますので私の所は工事は出来るだけ避けて雨漏り調査にはお伺いしております。
(^^;)

平部地瓦が少しずれています。
この原因は下葺き材(ルーフィング)と葺き土との密着が低く尚且つ土をズレない様にする為の土止め桟木の嵩が低い事と間隔が広い事が関係しています。
明らかに地瓦平部がズレて剥離しておりますので、先ずここから雨水は侵入しております。

こちらの写真は平部地瓦の内部構造の写真です。
平部地瓦のズレによる雨漏りも今回の要因に一つですが、写真の埃堆積と水返しの低さから、長時間雨が降った場合に逆流してくる雨がそのまま葺き土に干渉してくる箇所があります。
これが分化している雨漏りの原因でして、表層をシリコンで緊結してズレない様にしても雨漏りが止まらない要因の一つで御座います。

また、今回は棟続きの家屋である為、お隣りの雨漏りが御依頼下さった家屋に関与する場合もありますけど、調査の結果その可能性は無いと判断致しました。
補修範囲は白線で囲っています通り、棟瓦を一度外して積み直す工事と合わせまして、平部地瓦に堆積した埃を撤去しながら瓦一枚一枚の勾配に配慮して必要とあれば人工的に水返しを施設する工事の御提案となります。
(^^;)
この度は私共に御信頼をお寄せ頂きまして、誠にありがとう御座いました!!