2018年02月01日

皆既月食を家族で見上げてました


昨日は皆既月食だったそうで
家族にさそわれつつ、皆で夜空を眺めておりました。
雲が掛かり、良く見えません(^^)

残念でしたが、4人で一つの事を何でもない様なひと時を過ごす事は心穏やかになります。

その様な時、ふと長女が漏らす自分の気付きなどを聞かせて頂いて
勝手に育っていく長女の持ち味が塩味で
それに反応する次女の持ち味も塩味で
皆違って、皆違う心持ちが心地良い時間となりました。

長女の主な主張は本当にそれで良いと思っています。
私も心からそう思います。
でも、心からそう思う事は愛情に繋がって行く事は明白ですが、私は愛に繋がっては行かないとも思うんですね。

時に愛情は愛憎に
1つボタンを掛け間違えればその様になる危険性もあります。
故に、
私は価値という言葉も自分のブログでは使っていません。

例えば、歴史に名をを刻んで来た建築物も
つい最近出来た建築物も
時代こそ移り行くものの、そこには
お父ちゃん、お母ちゃん。家族。友。
笑顔、現場、お昼のお弁当。営み。
これらは必ず共通して存在していたと想いを馳せるからです。
ですので、
価値の無い物が存在する事が前提の
価値という言葉が余り好きではありません。

また、
時流に乗り、後世に価値のある頑張りを残せた人も
価値のある頑張りを残せなかった人も
価値という言葉に一切自他共々縛らせる事無く

心から共に笑える。

懸命に上った山を見よ!見て!も良い物ですが
そもそも海が好きで山には登らない人もおられますから
その山上からグライダーで飛ぶ!怖ぇぇぇ!!
あ、ヨダレ出ちゃった。。。笑
あっ!あれは何だ!!
の様な時間の使い方を愛おしく欲しています。

そこで高低差を競う人は先ずおられないでしょうし
そこに全き愛は存在しているんだと思っています。

そこから先は何があるんだろう
何をするんだろうと、
想い馳せている所で御座います。
実際グライダーはしませんけど。
ブログでは何度もやってます。

(^^)