2018年01月22日

愛に愛される日常


先日、職人さんの御自宅にお邪魔して新年会に御呼ばれさせて頂きました。
用意して頂いた食事はどれも温かくて、集まった方々の中には初顔合わせの方もおられましたけど、陽気な方々ばかりで楽しい時間を過ごさせて頂きました。

写真の自撮りは、御呼ばれする前に、久々に表面を磨くべく、
白髪を少し染めてウキウキしている様子を残しておこうと映しました。
自分では少し若返った感じがしてその様な評価を頂ける物と思っておりましたが
家庭内では、笑いを取る結果になってしまったようです。
全然狙って無かったのに。驚き。
結果オーライで御座います。(笑)

今回新年会で頂いた食材の味についてですが、
只今、正直に申し上げます。
今まで、食べた事無かったのでわかりません!!
比べ様が無くて、申し訳御座いません!!(笑)
でも、今回の準備に沢山時間を割いて下さった事は、決して忘れる事は御座いません。
<(_ _)>

同時にお誕生日会も皆でお祝い致しました。
ささやかと謙遜されておられましたが
頂いた時間は私にとっては、決してささやかではなく大きな事でございます。
ですから
そこに、その場所に皆で包まれていたいと願う所で御座います。

せっかく白髪が少し無くなりましたので
若い頃の私に一言残しておこうと思います。

愛の成した事を我が成したと思う誘惑もありましたが
愛は何時も微笑んで見つめておられる。
成すも成さぬも分け隔て無く見つめておられる。
今も休む事無く、生きて働き
涙の谷をも祝福に変えてくれるこの方に
明け渡しと、最大の敬意と笑顔でお応えします。
それを成します。

愛に愛されて行く日常をこれからも紡いでお届けして行けたらなと思っております。

(^^)