2017年12月18日

東住吉区の外壁面と破風からの雨漏り修理です。2017年12月18日

東住吉区にて壁面と破風板からの雨漏りを修理させて頂きました。
ありがとう御座いました。 😀
使用している壁面トタン小波(亜鉛メッキ鋼板)と漆喰仕上げで劣化著しい破風板をガルバニウム鋼板で施設し直す工事内容となります。

仕上がりはこの様な感じとなります。
破風板は旧家屋や蔵によく見られる技法ですね。
風圧はこの形態の破風の方が良くかわせると思いますが、
一度劣化が進むと壁面内部に雨水が干渉し易い所が何とも言い難い所で御座います。

一長一短ではありますけど、
早期メンテナンスが前提でありましたら風を切る事を優先したであろうと思われる今回の破風の技考察も頷ける所で御座います。

何故この形態なのか。何故この立地(特に環境が変わる前)でこうしたのか。。
常に考えてみる事はこの業種の本当に楽しい所であります。 😀

此度も私共に御信頼を置いて頂きました施主様、また共に頑張って下さった職方様ありがとう御座いました。お疲れ様で御座いました。

<(_ _)>