2017年11月15日

雨漏り調査(茨木市・住之江区・豊中市)

皆様こんにちは~。
樹木の息を吸いますと、ゆっくりと洗われて行く様な冷たく心地の良い空気でした。
銀杏並木もいそいそと冬支度と着替えをしていました。 🙂


本日は朝から豊中市の現場調査にお伺いしておりました。
隅棟の鬼瓦が今回の台風で飛散してしまっています。
鬼瓦はこの部位で一番重い部材でありますのに・・。相当な風圧が掛かっていたようです。 😕


続きまして伊丹市に現場を移動致しました。
隅棟瓦の雨漏りの応急処置を施しました。
防水紙とステンレス線で緊結しています。
結構これだけでも雨漏りは凌げますよ。
因みに、耐用年数は3年です。 😉


続きまして茨木市に移動いたしました。
割れている銀黒釉薬瓦を二枚交換致しました。
軒先万十瓦という箇所と地瓦という箇所の合計2枚です。 😀


またまた、現場を移動しまして今度は大阪市住之江区の屋根へ。
写真はズレて雨漏りしている箇所にアスファルトルーフィングを挟んで一時的に雨漏りを止める作戦です。 😀
台風被害で、まだまだSOSの御声が挙がり一生懸命、対処に勤しんでおります。

(`・ω・´)ゞ<やるしかないんです!!

でも
ここは、見返りが必要な位、息を詰めてはやりません。
実は一歩手前でちょっと一息いれたりしていますから、
施主様にありましては合い見積もりとか全然全く気になさらないで下さいね。 😀

本日もお付き合い頂きましてありがとう御座いました。
お風呂に浸かってゆっくり休みましょう。
<(_ _)>