2017年11月10日

雨漏り調査 西淀川区パラペット屋根

西淀川区のパラペット屋根の雨漏り調査にお伺い致しました。

雨漏り箇所は写真の青線のコーナー箇所です。
丸瓦と鋼板笠木の間に入った雨水の到達地点が丁度コーナの部分という事ですね。

笠木自体は丸瓦の内部で折り返しているはずですがその上に大量の葺き土を置きますとその葺き土が吸い上げて雨漏りに到るという経路です。
改善方法は写真の赤矢印のお隣りのパラペット屋根の様に全てを鋼板笠木に変更する事となります。
理由は現状であましても丸瓦が壁面S瓦に掛かっていない部分が多いからで御座います。

また、


壁面内部の書き落としの壁は竣工当時からセメント気が抜ける為に吹きさらしの部分への施工は適しません。
壁面と瓦屋根との水切り鋼板等の仕舞いが無く、シール頼りのみですので、この部位は瓦を一列殺して谷板とし、尚且つ書き落とし壁にもガルバニウムによるカバーを掛ける御提案をさせて頂きました。

 

この度は私共に御信頼をお寄せ下さいまして誠にありがとう御座いました。 😀